UpdraftPlusでバックアップを取るとサーバー容量を異常に使う!?

目安時間:約 9分

 

私は前職がSEなので、在職中はサーバーのデータを誤って消したり、何らかのトラブルでデータが壊れたりした経験はかなりあります。

 

普通はバックアップを取っているのですが、なぜかバックアップデータが無くて、泣きながら復元作業をやったことも…

 

だからデータのバックアップの重要性は痛いほどわかっています。

 

それで、ワードプレスブログを始めた時も、ワードプレスのバックアップを取るようにしていました。

 

ブログを始めたばかりの頃、確かネットでUpdraftPlusというプラグインのことを知り、早速使い始めました。

 

設定をしておけば、定期的に自動的にバックアップを取ってくれる便利なプラグインなので、一度設定してから2年以上放置していたんですね。

 

それが、思わぬ事態になってしまいUpdraftPlusを使うのは止めました。

 

・UpdraftPlusを使ったらどんな問題が起きたのか?

 

・UpdraftPlusを使用する時の注意点

 

・UpdraftPlus以外のバックアップの方法

 

について、備忘も兼ねて記しておきたいと思います。

 

UpdraftPlusを使ったらサーバー容量が逼迫!?

UpdraftPlusとは、自動的にWordPressのバックアップをしてくれるプラグインです。

 

手動で今すぐバックアップを取ったり、スケジュールして自動的にバックアップを取ることができます。

 

 

プラグインの設定画面では、保存先を選択することができ、GoogleDriveやDropbox等の選択肢もあります。

 

私は1週間ごとに、バックアップファイルを指定したメールボックスに送信するように設定していました。

 

「メールでファイルを送付しておけば、サーバーの容量を使わなくて済むからいいな~」と思っていたんですよね。

 

ろくにプラグインの説明も読まずに使う私が悪いのですが、これが大きな間違いだったのです。

 

 

実は、UpdraftPlusは指定した保存先にバックアップファイルはもちろん保存されますが、サーバーにもバックアップファイルが保存される仕組みだったのです。

 

ということは、バックアップファイルは取れば取るほど新しく作られていくので、自分で消さない限り、どんどん貯まってしまうのです。

 

そうです。

 

バックアップファイルを放置しておくと、サーバーの容量をどんどん使っていってしまうのですね。

 

 

私がこの事実に気づいたきっかけは、たまたま別件でサーバー管理画面でディスク使用量を見たことでした。

 

数個しかブログを持っていないのにも関わらず、ディスクを70%以上も使っていたのです。

 

「え!?そんなにディスク使うっておかしくない!?」と思ってまず疑ったのが、画像ファイルでした。

 

でも既に画像圧縮ツールは使っていたし、それほど大量に画像がある訳でもなかったんですよね。

 

それで色々調べてたどり着いたのが、UpdraftPlusのバックアップファイルだったわけです。

 

 

↓これ見てください…

 

 

なんと、UpdraftPlusが作ってくれたバックアップファイルだけで93GBもありました…

 

私はXserverのX10プラン(200GB)を契約しているんですが、危うく上位プランに変更するところでした。。

 

あぁ、気づいて良かった!

 

UpdraftPlusのバックアップファイルの消し方

 

ということで、UpdraftPlusは放置しているとバックアップファイルが増殖していきます。

 

私のように1週間に1回のスケジュールでも、1年、2年と積み重なるとその容量はすごいものがあります。

 

まぁ、新しいバックアップを取ったら、古いものを消すようにすればいいだけの話なのですが、毎回手動でやるのは面倒くさいですよね。

 

もしかしたら、自動的にファイルを置き換える手段はあるのかもしれませんが…

 

基本的にバックアップは最新のものがあればいいので、取り急ぎ最新のものを残して残りは全て削除しました。

 

 

UpdraftPlusのバックアップファイルの削除方法を紹介しておきます。

 

UpdraftPlusのバックファイルの置き場所は

「/ドメイン名(○○.com等)/public_html/wp-content/updraft」です。

 

このディレクトリの中にある「backup~」から始まるzipファイルがバックアップファイルです。

 

「log~」から始まるファイルは、バックアップを実施したログファイルです。

 

これも不要なので消しました。

 

 

サーバーに接続するにはFTPソフトが必要ですが、私はFileZillaというツールを使いました。

 

Xserverを利用されていれば、XserverのヘルプページにFileZillaの使い方が載っていますよ。

 

 

UpdraftPlus以外にバックアップするならどうすべきか?

UpdraftPlusのバックアップファイルを削除したら、ディスク容量は激減!

 

 

まぁ、そりゃぁそうだよね、、、

 

ディスク容量の半分近く使っていたんだから…

 

焦ってXserverの契約変更しなくて良かったです・笑

 

 

じゃぁ、今後のバックアップをどうするか?

 

よくよく考えてみたら、自分でワードプレスのバックアップって取る必要あるのかな!?と思い始めました…

 

というのも、私がお世話になっているXserverには、自動バックアップサービスがあるんですよね。

 

毎日自動的にバックアップを取ってくれ、もしもの時はXserverのバックアップデータから復元できます。

 

データベースが壊れた時はバックアップデータは有料ですが、それ以外は無料で提供してもらえるんですよね。

 

自分で何か作業をする前には手動でバックアップしておくとしても、普段はこの自動バックアップサービスで良いのかな…というのが、今のところの結論です。

 

まとめ

サーバーのディスク容量が想定以上に使われている場合は、もしかしたらワードプレスのプラグインUpdraftPlusが原因かもしれません。

 

UpdraftPlusを利用すると、バックアップファイルはサーバーにも保存されます。

 

バックアップファイルは削除しない限りサーバーに蓄積されるので、時々手動で削除しないとディスク容量を使ってしまうので注意が必要です。

 

Xserverであれば自動バックアップサービスがあるので、もしデータを壊してしまっても安心ですよ。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

応援していただけると嬉しいです

ブログランキングの応援クリック

いつもありがとうございます(T_T)


人気ブログランキング

カテゴリー
プロフィール

チホです。
副業ではじめたアドセンスが本業になりました。
詳しいプロフィール

最近の投稿
アドセンスで思うように結果が出ないなら必読!
Zoomミーティング開催&参加に困っていませんか?