Googleアドセンス審査にたった2日で合格!どんなブログで申請したの?

目安時間:約 12分

 

 

Googleアドセンスブログを始めよう!と決意した私でしたが、Googleアドセンスはやりたい人は誰でもできるわけではなく「審査」があることがわかりました。

 

普通に会社員をやっていて、単に1ネットユーザーだった私にとっては「え?審査なんてものがあるの!?めんどくさいー」という感じでした(笑)

 

そんな私でしたが、審査の申し込みからたった2日で承認手続きが終わり、めでたくアドセンス広告を貼れるようになりました!

 

通常は合格まで2~3週間かかると聞いていたので、最初はだまされたかと・・・(汗)

 

 

今回は、Googleアドセンス審査合格までに私が作ったのはどんなブログだったのか?をご紹介します。

 

Googleアドセンス審査の流れとは?

Googleアドセンスは、1人につき1アカウントしか取得できないルールがあり、審査に合格しないとブログにアドセンス広告を貼ることができません。

 

アドセンス審査は以下のような流れになります。

①ブログ開設
②ブログ記事投稿
③Googleアカウント取得
④Googleアドセンス申請一次審査
⑤一次審査合格通知
⑥ブログ記事内に広告コード貼り付け
⑦Googleアドセンス申請二次審査
⑧二次審査合格通知
⑨アドセンス広告の貼り付け

 

合格までは、けっこう長い道のりですよね・・・

 

アドセンス審査は通常2回。でも例外もある。

審査は一次審査と二次審査の2回あるんですよ・・・

 

二次審査に合格して、ようやくアドセンス広告を自分のブログに貼ることができるようになります。

一次審査申請から二次審査合格までは、通常は2~3週間かかると言われています。

 

また、申請の準備もそれなりに大変なので、申請するまでに心が折れてしまった・・・という話も良く耳にします。

ですが、私、一次申請のみで審査を通過してしまったんです!

 

ゴールデンウィークのまっただ中に申請をしたのですが、申請から2日後には「お客様のサイトが AdSense に接続されました」という件名のメールが届きました。

 

こんなメールです。

 

アドセンス審査の詳細は公開されていないので定かではありませんが、私のように、一次申請だけで通過するケースもあるみたいです。

 

2~3週間かかると思っていたので、最初このメールも偽メールかと疑ったほどです(笑)

 

2018年8月時点では、一次申請のみになったようです。

アドセンス一次審査のみで合格したブログはどんな内容だった?

Google アドセンス審査には、アドセンス広告を掲載するためのブログを運営している事実が必要なため、開設したばかりのブログ(記事がなかったり少なかったりする)では申請できません。

 

そこで、申請用のブログを作成しました。

あ、正確に言うと、申請後もそのブログでアドセンスを実践していますよ~

せっかく書いたのにもったいないですから(笑)

 

アドセンス審査の細かい内容は公表されていないので、アドセンス審査に合格した方の体験記などを参考に、以下のようなブログで審査に臨みました。

 

WordPressでブログを作成

これはGoogleから仕様提示されていますが、2016年から無料ブログでは申請できなくなりました

 

ちなみに、アドセンス審査合格後は、アフィリエイトOKの無料ブログであれば、アドセンス広告を貼ることは可能です。

 

ブログの記事は1,000文字×30記事

Googleアドセンスの審査では、記事のボリュームもチェックされると言われています。

 

「1記事あたり500文字以上で10記事分あれば大丈夫」と言っている人もいれば、「1,500文字以上で30~50記事は必要」と言う人もいて、本当のところどうなのかは、Googleさんのみぞ知る、と言ったところです。

 

合格した方の話を総合すると、大体この範囲内だと審査してもらえるのだろうと考え、1記事1,000文字を目安に、ちょうど30記事書いたところで申請しました。

中には、600文字ぐらいの記事も含まれていたので、平均すると1,000文字以下だったと思います。

 

元Google社員の方のお話では、700~1,000文字程度の記事が10記事程度あれば十分だそうですよ!

 

Googleアドセンスの禁止コンテンツを含まないこと

Googleアドセンスには細かいポリシーが定められており、このポリシーに違反すると、当然ですが合格することができません。

 

これがまず一番大事なところです!!

 

Googleアドセンスの禁止コンテンツは以下の通りです。

  • アダルト・ポルノなどのコンテンツ
  • 個⼈・集団・組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 暴⼒的なコンテンツ
  • 暴⼒(いじめや嫌がらせなど)を助⻑・推奨するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • アルコールの販売
  • タバコ・タバコに関連した商品販売
  • 違法な薬物・⿇薬およびそれに関連する器具の販売
  • 処⽅箋薬の販売
  • 武器および兵器・弾薬(ナイフ等も含む)の販売
  • ハッキング・クラッキングに関連するコンテンツ
  • ブランド品やその他模倣品の販売
  • 報酬プログラムを提供するサイト(報酬を提供し広告のクリックや
    商品販売、メール講読を促すプログラムに関連するコンテンツ)
  • その他の違法なコンテンツ
  • 不正⾏為を助⻑するコンテンツ
  • 性的想像をさせる(⽔着や露出の多い画像等含む)コンテンツ

 

禁止コンテンツ多いですよね・・・覚えられない(汗)

 

でも「子供に見せても大丈夫な内容か」を意識して書けば大丈夫だと思います。

この禁止事項は、アドセンス審査通過後ももちろん守らなければならない内容なので、頭に入れておきましょう!

 

審査前には、Google公式サイトで確認しておきましょう!

 

ちなみに、私はまずは30個記事を書いてアドセンス申請するのが目的だったので、ブログのテーマは特に決めず、自分の興味があることに関する内容(休みの日に出かけた場所の見どころや美味しかったお店の紹介のようなもの)を書きました。

 

明らかに日本語がおかしかったり、記事として非常に価値が低いものは審査に落ちるので注意!小学生の日記のようなものは落ちます・・・

 

ブログ内に外部リンクや広告は貼らない

広告を貼ること自体は審査NGではないそうですが、アダルト広告だったり、記事のボリュームより広告が多い場合は、審査NGになるそうです。

 

私は広告やリンクを貼らないようにしました。

 

私は外部リンクを全く貼らずに審査が通りましたが、2018年8月時点では、他サイトへのリンクが全くないものはNGだそうです。

 

ブログ内に画像は貼らない

普通のブログだと、ブログ内に画像や動画を貼ったほうがいいのですが、画像や動画は著作権がからんでくるので、審査向けブログには貼らないほうが安全です。

 

私は、画像なしの文字だけの味気ないブログで申請しました(汗)

 

運営者情報やプライバシーポリシーを記載する

Google アドセンスでは運営者情報が必須コンテンツとなっているため、ブログ内に運営者情報ページを作成しました。

 

また、運営者情報とセットでプライバシーポリシーページも必須なので、合わせて作成しました。

 

申請前に公式ページを確認しておきましょう!

 

細かいあれこれ

それ以外でアドセンス申請するのに気を付けたことは、以下の通りです。

  • 最低限読みやすい文章を書く
  • 1日1~2記事公開する(全記事をまとめて1日で公開しない
  • 文字装飾は太字のみ(→これはあまり審査には関係ないと思います)

 

アドセンス申請前にできることをやっておこう

今回は、私がアドセンス申請のために書いたブログについてご紹介しました。

審査合格のためのブログがどんな感じかはイメージしていただけたでしょうか!?

 

アドセンスは、もし審査に合格しなかった場合も再度申請することはできます。

ただ、申請のたび、長いときは2~3週間待たなければならないので、できれば1回で合格したいですよね。

 

そのためにも、申請前にできることはやっておきましょう!

これからアドセンス申請をするあなたの合格を祈っております!!

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

応援していただけると嬉しいです

ブログランキングの応援クリック

いつもありがとうございます(T_T)


人気ブログランキング

カテゴリー
プロフィール

チホです。
副業ではじめたアドセンスが本業になりました。
詳しいプロフィール

最近の投稿